2009年08月04日

夏から秋のお出かけ−体験モノ情報の探し方

この夏期講習で忙しいときに……。
と感じる方も少なくないと思いますが、お出かけ計画の話です。
夏は夏でいろいろ企画していらっしゃることと思います。

行けばいいというものではありませんが、
秋の行楽シーズンは、
やはり瞳がキラキラ輝くような体験をさせてあげたいもの。

近場で楽しもうと考えるなら、
そろそろ予約しておいたほうがいいかも。

多くの方がパッと思いつくような
横浜・八景島シーパラダイスなどは、
幼稚園児が参加できるプログラムは、
夏休み中は満員御礼状態ですね…。

静岡の まかいの牧場&まきば農園、
軽井沢ピッキオ
市原 ぞうの国などは、
行きやすいと考える方が多いようなのと、
お絵かきばえすることもあり定番ですが、
めずらしい体験や直前でも予約を確保したい場合なら
こちらのサイトは便利ですよ。

旅の発見
「近畿日本ツーリストと角川グループがお届けする、日本各地の体験プログラム・アクティビティを検索・予約できるサイトです」
となっており、それはそれはそれは、充実の情報量です。
こんなことまでできちゃうの!?
というプログラムも発見できたりすると思います。

行き場所に困ったら、のぞいてみるといいかもしれません。


いつもありがとう。
クリックしてね!
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験へ
にほんブログ村
posted by 小学生ママ at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ママの宿題

2009年07月08日

子供の話、きちんと聞いていますか?

ペーパーにお教室通い、お手伝いに宿題に…、
といった慌しい日々をすごしていらっしゃる方も多いと思います。

片付けなさい!まだ着替えていないの!!
など、一方的なやりとりばかりになっていませんか?

受験準備も学校生活でも、まず問われるのは
「聞く力」です。
自由遊びも、体操もリトミックも指示を「聞く力」がなければ
適切に行動できません。
ペーパーだってそう。
赤で丸をつけるところ、×をつけてしまったら…。

聞く力=話を聞く+聞いたことを正しく理解できる
ということです。

つまり話を聞く ことと 語彙を増やすこと
を同時にしていく必要があります。

話が聞ける子供に育むために有効なのは、
まずはママが子供の話をきちんと聞くこと。

どんなに忙しくても、姿勢をただし、
しっかりと顔を見て、話を聞いてあげてください。
忙しいからといって、適当な相槌をうって聞いていた
ふりをしたり、顔も見ずに返事をしているようだと、
子供が話を聞けなくなっても仕方ないというものです。

語彙を増やすのは、ママと普段きちんと
コミュニケーションがとれていれば、問題ありませんね。
幼稚園児ではなく、小学生中学年くらいの子供と
話すつもりで言葉を選んでいれば、
ボキャブラリー豊かな子供に育ちます。

ピンク色=ももいろ…、
といった独特のお受験用語はまた別に、
意識して教えるしかありませんが。

ペーパーをこなす時間が1日10分程度減ったところで
なにも影響はないでしょう。
きちんと椅子に座り、
向かい合っておしゃべりをする時間を、
毎日作るようにしたいものです。
posted by 小学生ママ at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ママの宿題

2009年07月06日

ヒント本チェックの季節です

11月の試験で、絵本が試験に使われたり
ヒントになった?と考えられる問題が、
おもに絵画のテーマとして出題されたりしています。

ちなみに試験で用いられた本としては、
わたしのワンピース
は幼稚舎で、
かずあそびウラパン・オコサ
が立教小学校で使われたとして有名です。

あとはネタ本として、
いいないいなこのおうち
きこえるきこえるえのおとえのこえ

をあげる人もいます(推測に過ぎません。まだまだあります)。

ちなみにネタ本と目されているものに共通しているのは、
数や言葉の遊び系、
または自分ならどうする?という発展性があるテーマのものが多いようです。

定番本から出ることは少なく、
多くは発売後一年以内の新刊(前年10月発売以降とか?)が
ネタ元となっている率が高いようなので、
時間があるときにチェックしておくといいかもしれません。

amazonの検索は、出版日順に並べ替えできるので便利です。
(↑アマゾンのこども絵本の出版日検索に飛びます)
余裕があるときにのぞいてみてはいかがでしょう。

今日時点での新刊のなかから、ひとつだけ例をあげるとしたら
たからものはなあに?
あたりはテーマ的にはまっていますね。
(これが出ると山をかけているわけではありません笑)


いつもありがとう。
クリックしてね!
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験へ
にほんブログ村
posted by 小学生ママ at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ママの宿題

2009年07月01日

いろいろ「体験」していますか?

今回は年少・年中さん向けの内容です。

いちご狩り・潮干狩り・さくらんぼ狩り・磯遊び
・ぶどう狩り・虫採り・ぶどう狩り・田植え・稲刈り。
ガラスの風鈴を作ったり、おせんべいを焼いたり…。

幼児期に体験させておきたい事柄はたくさんありますが、
なかなか連れて行ってあげられない…。
という人も少なくなさそう。

もちろんパパとママと出かけるのが理想ではありますが、
予定がつかないご家庭が好んで活用しているのが、
通称「遠足やさん」です。

朝、集合場所へ送り届けるとお迎えは夕方。
その間に美容院へ行くというママや、
パパと映画を観に行くというご家庭もあったりするようです。

年長になってしまうと、なかなか時間がとれません。
「遠足やさん」を活用するなら、年中時がメインです。

そういった体験はご家庭で、と考えているママも
予定表を眺めてみてください。
お出かけ先のヒントがいっぱいです。


日本総合教育舎 湘南自然学校  国際自然大学校 

いつもありがとう。
クリックしてね!
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験へ
にほんブログ村
posted by 小学生ママ at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ママの宿題

2009年06月29日

巧緻性強化週間!

来週の火曜日は七夕ですね。
七夕のお飾りは幼稚園や保育園で作ると思います。
でも、今年は家でもやってみてはいかがでしょう。

ママと一緒に、
おりがみでのりとはさみを駆使して作れば
楽しさ倍増というものです。

作り方は こちらのサイトをどうぞ。
あらゆるおりがみの折り方作り方が、
詳細に紹介されています。

笹につけるときは、
ティッシュのこより、糸、セロテープなど、
ヴァリエーション豊かに。

穴あけも、パンチを使ったり、ハサミを使ったり。

いろいろ練習してみてくださいね。



いつもありがとう。
クリックしてね!
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験へ
にほんブログ村
posted by 小学生ママ at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ママの宿題

2009年06月25日

夏。追い込み・仕上げ期の過ごしかた



あと数週間で夏休みですね。

夏休みの講習や旅行の予定は立っている方が多いと思います。

家庭での学習計画はなにかありますか?



まだ何も考えていらっしゃらないという方は、

とりあえず こぐま会の代表の先生の下記のコラムを読んでみては。

久々にのぞいてみたら、やはりいいです。

ためになると思います。



やっておいたほうがいいこと、意識しておきたいことが、

なんとなく見えてくるかもしれません。



「夏の学習課題」
http://www.kogumakai.co.jp/column/president/201.html

「残り半年間の学習対策」
http://www.kogumakai.co.jp/column/president/198.html

「間違った受験対策が行われる背景」
http://www.kogumakai.co.jp/column/president/169.html

いつもありがとう。
クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験へ
にほんブログ村
posted by 小学生ママ at 08:32| Comment(3) | TrackBack(1) | ママの宿題

2009年06月18日

11月に子供をひきこもらせないために

受験が終わった11月中旬頃からしばらく、子ども自身が落ち込んで引きこもり、
幼稚園を長期欠席するケースがあります。
受験をさせるご家庭が多いお受験幼稚園では、
それほどめずらしいことではありません。

そういった子供に共通しているのは月齢が早く精神年齢が高いこと

試験を受けたが、自分の能力が足りないために不合格になった
と正しいようで正しくない理解してしまっているようです。
中学受験じゃないんですから、
本人の要素だけで合格が決まるわけではありませんよね。

親の言い分は、試験について明確にしないまま
受験させようと思ったが、どうしてどうしてと突っ込まれ、
誤魔化しきれなくて、つい本当のことを教えてしまった…、と。

う〜ん、本当のことを伝えきれていない、ですよね…。

学校別模試で通用すれば、それがいちばんいいでしょう。
模試で誤魔化せないようでも、合否が子供の優劣で決まるという伝え方は、避けるのが普通です
そう言ったつもりはなくても、
子供がそう思い込んでいるのなら、伝えたも同じですよ。

11月の試験のことを子供にどう話すのか、
そろそろパパと話し合っておきましょう。

子供は、ある日突然聞いてきます。

試験とはなんぞや、11月には何があるのか? 
という説明を子供にきちんとするべきと考えるご家庭はもちろん、そうでないご家庭も、
あなたが試験を受けている間に、ママも別のお部屋で試験を受けているのよ
と付け加えておくことをおすすめします。

これで残念だった場合は、ママのせい です。
少なくとも、子供が自分を責めることはなくなるでしょう。

クリックしてね!
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験へ
にほんブログ村
posted by 小学生ママ at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ママの宿題

2009年06月16日

“面談・ご挨拶”の有無Check、完了ですか?

面談とは出願等々をする前に、身上書を持ち、
学校にご挨拶に行くことをいいます。

ちなみに事前面接という言葉になると、
合否に関係する機会ということになるようです。

基本的に校長先生や教頭先生など、
責任ある立場の方に対応していただけます。
合否に関係あるかはわかりませんが、多忙な先生が、
わざわざ時間を割いて話を聞いてくれるというシステムです。
第一志望やそれに準じる学校が行っているようなら、
行かない手はありません


面談の基本的な流れをお知らせしましょう。

挨拶を済ませたら、持参した身上書をお渡しします。
すると先生は身上書にその場で目を通されます。
そして次には身上書には書ききれなかったであろう、
父親の仕事の詳細について質問が出ることが多いようです。
その他身上書の内容について、質問や関連する会話、
雑談などが先生主導で続くこともあれば、
「何かご質問はありますか?」といった感じで主導権を
ふられることもあるようです。

この場をいかすもいかさないも、ママパパ次第でしょう。

難関・名門校で、オープンに面談を行っている学校もありますね。世田谷区の共学校ですが。
もちろん紹介者は必要ありません。
まだなら学校へお電話をして、詳細を伺ってみましょう。
某男子校の“事前のご挨拶”も、掲示板などで普通に語られていますね。

その他、問い合わせてみると、会っていただける学校は、
いくつかありますよ。難関・名門未満の学校も含めて
お世話になっている幼児教室の先生に、相談してみてはいかがでしょう。
というのは、身上書を持参するのが通例なのと、
時間をしっかりとっていただける場合が多いので、
そのご家庭の状況により良し悪しがあるかと

もちろん、面談になど伺わなくとも、どこの学校からも合格はいただけます。いただける方は(笑)


クリックしてね!
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験へ
にほんブログ村
posted by 小学生ママ at 09:30| Comment(2) | TrackBack(0) | ママの宿題

2009年06月15日

お受験ママの頭を悩ます願書&面接対策。
“教育方針”作りの裏ワザ教えます。

願書の内容を詰めるのは夏休み中になると思いますが、
教育方針はぼちぼちまとめておかないと。
そんな時期になりました。
幼児教室に添削に出しても、
ここはゼロから作ってはくれませんよ。
表現上の微修正を加えてもらえるだけ
だと思っておいたほうがいいです。

とはいえ、ここは願書でも面接でも要となるだけに、
じっくりと練り込みたいものです。
ホイホイできてしまった、というご家庭のほうが稀だと思います。

そもそも教育方針は、
ママやパパの頭のなかにはしっかりあるはずです。
だってもう、何年も子育てをしていらっしゃるのですから。
すでに頭の中にあり、子どもが生まれてから今までの間に
感覚的にしてきた事柄を整理して、
文章化する作業を始めましょう。


なんかこう、うまくいかない…、と考えているママパパは、
いきなり方針を書こうとしていませんか?
教育方針は、一本の教育理念の下に、
複数本がぶら下がる構造
だ考えて構成すると、少しは楽になるはずです。
つまり方針を固める前に、理念を文章化しないと苦労します。

教育理念と書くとたいそうなものに感じますが、これは平たく言えば
“どんな子どもに育てたいか”=“どんな人間で在ってほしいか”
という親の願いにほかなりません。
そういったものが家訓として存在しているご家庭も、少なくないのでは。

そして教育方針は、教育理念にそった人間に育むために
必要と考える具体的なこと=実践している(したい)こと
です。
 
そしてそれらの言葉を、見やすくわかりやすいフレーズに整えます。

何が書いてあるのか、ちっともわからない…。
というママは、手に入れた学校案内をもとに下記の作業をしてください。
学校が考える目指す子どもの大概念(教育理念)を抜き出しましょう。
その大概念を実現するために、行っているまたは
目指しているという事項を抜き出しましょう。
多くの場合、見出しになっているので、
簡単にできるはずです。

そして抜き出した言葉を、学校の垣根を取り払い、仲間わけをしましょう。
すると言い回しは違うものの、
実は、どこの学校も同じことを言っている、ということに気づくはずです。

我が家の教育方針は、およそ下のような構造で
考えればいいということがわかりますね。

             |--- 思いやりがらみ
             |--- 知育がらみ 
理想の人間(子供)像-|--- 努力がらみ  
             |--- 我慢がらみ
              |--- 常識がらみ
             |--- 我が家ならではの何かを加える←重要

そしてそれぞれに実際に行っている(予定の)
具体例を挙げてみましょう。あとは文章力の問題です。

具体的なフレーズは、今ここでは書きません。
読むと頭から消えなくて、どうしても似てきがちになっちゃいますから。

教育方針のまとめや面接対策のための
How to本が気になっている人もいるようですが、
難関・名門校を目指すママには時間の無駄です。
中堅校以下なら、あれでも通用するのかもしれませんが。
見たいのなら、立ち読みで十分。
どうせ読むのなら、言葉や考え方を拾いやすい
こういう類の本にしましょう。

思いやり
思いやりのこころ
思いやりを育てるしつけ51のヒント―幼児からの子育てに自信がもてる本
教育者へのドン・ボスコのことば 改訂版
「ガマン」を教えれば「やる気」のある子に育つ (WIDE SHINSHO)
「がまんできる子」はこう育てる (PHP文庫)


また関連する話を本家お受験ママ★カフェにまとめてあります。
ご一読しておくことをおすすめします。


クリックしてね!
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験へ
にほんブログ村
posted by 小学生ママ at 09:22| Comment(3) | TrackBack(0) | ママの宿題

2009年06月10日

お受験準備本番の夏を控え、ママが最も気遣うべきことは?

今秋受験予定の年長さんは、夏が準備の山ですね。
ママがすべきなのは、ペーパーや体験ものの計画を練ったり、
講習通いの送迎および願書の下書きをすることだけではありません。
ひたすらに暑くなるこれからの季節は、ママも子供も体力勝負です。
身体を壊しては何にもなりません。

今回のテーマは、いかに時間と手間をかけずして、
家族の健康管理を完璧にこなすか、です。

お稽古の合間や移動中に、必要以上にお菓子を食べさせてはいませんか?
食べさせておけば大人しくなるので、ついつい与えてしまいがちですが、
量には気をつけましょう。
まあ、これは言われるまでもありませんね

夕飯は?といえば、パパが遅いのをいいことに、
デパートやスーパーで買ったお惣菜が主力になり、外食も増えがちです。
とはいえ、そういった食事は、ちょっと食材に不安がありませんか?

まず検討したいのは、食材の宅配です。
オーガニックや減農薬の野菜をメインに扱うものは、いろいろありますね。
とはいえ、私たちがいま必要としているのは、
レンジでチンでそのまま食卓に出せるお惣菜が美味で種類が豊富、
そして安心な食材が使われていることが明確なものです。
いろいろ試し尽くしたママたちに総じて好評なのは、こちらです。
なぜ好評なのかといえば、チンOKのお惣菜が美味しい、それに尽きます。
また必ず毎週注文しなくちゃいけないわけじゃないので、気が楽です。
送料が安い御用聞き系のところだと、
毎週しっかりある程度の金額になるように注文しないと気が咎めて…、
という人にうってつけです。 
とはいえ入会金や会費がない、時間指定が可能とはいえ、
送料が大地生協より若干かかるようなので、
長く使い場合は要検討だとは思いますが。

次に考えたいのは、サプリメントです。
まずは2の次となっている可能性が高いパパ用のものから。
誰もに必要なのはマルチ ビタミン&ミネラルですね。

食事に気を遣っているから平気、と思っているかもしれませんが、
必要なだけのビタミンを食事から取ろうと思うと、
実はとんでもない量を食べなくてはならないことをご存知ですか?
いつもいつも有機栽培の高級食材ばかりを摂っていれば、
安売り食材で作った食事や、会社の近くのお手頃価格の食堂よりは
まあまあ安心なのかもしれませんが、
同じトマトでも、スーパーで普通に売っているものと
昔の露地栽培のものとを比べたら、含まれているビタミン類は激減しています。
他の食材も然りです。

またビタミン剤ならどれも同じと思ったら、大きな間違いです。
ドラッグストアで安売りの商品を買うのではなく、
少々お高くとも、原料や生産過程にこだわって作られたものを購入しましょう。

マルチ ビタミン&ミネラルのほかは、基本は滋養強壮系ですね。
総じて評判がいいのは、霊芝ミミズ!でしょうか。
青汁はもう定番ですね。
飲みやすいと評判の黒酢
は発酵食品を簡単に摂れるのでこれはもうマスト。
生野菜のドレッシング代わりにしてもイケますよ。

また食べ過ぎ系のメタボなパパなら、内科で相談して、
サノレックスのような食欲抑制剤を処方してもらうのもおすすめです。
パパには合格の願掛けをかねて、この際なので減量してもらいましょう。
今後、高血圧など心配な年齢になるでしょうし。
サノレックスは、取り扱っているクリニックは限られているようですが、
基準を満たせば(体脂肪の割合)、保険適応。
ほとんど苦労せずに、体重を落とすことが可能です。

ママはパパと同じものにプラスして、ケフィアなどの発酵代謝物もいいですね。今なら1週間分プレゼント中だそうです。
(体型により、サノレックスは除く)
イライラする時間が多いと老けるので、こんなときこそサプリメントが必要です。

さて子供です。
子供もマルチ ビタミン&ミネラルはマストです。
お菓子を食べすぎちゃって、食事は少食…、というならとくに。
いまやお野菜成分もこのようにタブレットになっています。
野菜ジュースも飲んでくれないという子供に超おすすめです。

食べ物の話が長くなりましたが、
バテにくい体を育むためには、今から準備しておくにこしたことがありません。
全身の細胞が入れ替わるには、何ヶ月もかかるのですから。

健康管理という意味で、食べ物以外に気を遣いたいのは、
子供の精神状態のチェックとその対応法です。
これに関しては、長くなってしまったので、またあらためますね。

ランキング参加しています!にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験へ
にほんブログ村
posted by 小学生ママ at 10:54| Comment(0) | TrackBack(3) | ママの宿題

2009年06月07日

「夏休みの思い出」どうつくる?

面接で、お絵かきのテーマで、「楽しかったこと」は
頻出しています。
また幼稚舎や早実、立教女学院など長文を求められる学校の願書にも「具体例」があったほうが印象深いものに仕立てやすいということがあります。

邪道といえば邪道かもしれません。
が、しておいたほうがいいのは確かです。
夏休みの「ネタ作り」の計画を始めましょう。

一番簡単なのは旅行です。
この場合の旅行は、何かしらの体験モノでなくてはいけません。
そして絵にしたときに映える方がベターです。

例えば、海外旅行でハワイに行った場合、ビーチに行っただけではダメです。
キラウエアで地球&自然体験、野生のイルカと泳ぐ、海がめの産卵を見るなど、日本ではできない体験をしてきましょう。
そして体験しただけではまだ足りません。
関連する深い深いウンチクを、なにげに覚えてもらいましょう。
もともとカメを飼っていて、将来の夢はカメ博士。だから海がめの産卵を見に行った。そこで……、とリンクできればベストですね。

東南アジアならジャングルを探検後、トラを抱っこしたりするのも面白いかもしれません。これもなぜ、わざわざトラ?という疑問を消し去る話もほしいところではありますが。

ここでいいたいのは、奇をてらえということではありません。
あまり人とかぶらないほうが印象的?、という意味で例に挙げています。
志望校によって好まれるもの、好まれないものがありますから、
ある意味、吟味が必要です。

もちろん国内でも素敵な体験はできますね。

田舎があるのなら、祖父母の家で思いっきり田舎生活を楽しみましょう。ちょっと足を伸ばせば、かぶとむしやクワガタがザクザク採れる場所もあるのでは。川遊びしつつ魚を採って、バーベキューも楽しいですね。蚊帳で寝るというのも貴重です、イマドキは。

もちろんここでも、体験しただけではダメですよ。

例えば、満天の星を眺めて、何を話しますか? 
宇宙人っていると思う? 
どんな姿で、どんな生活をしてるんだろう?乗り物は?食べ物は?→発展。
月のうさぎって本当にいるのかな? ついたお餅は、誰が食べるのかしら?
そもそも、なんでお餅をついているんだと思う?→発展。

星がきれいね、降ってきそうね〜、で終わらせるのもそれ以上にするのもママパパ次第です。

行動観察系メインで考えている家庭は、この手の体験を10月いっぱい続けていたりします。とはいえ、もちろん旅行になんて行かなくても、印象深い経験はできるでしょう。

朝顔の観察日記を毎日必ずつけて、種を宝物にしているというのもよし(もうひと捻り必要)。
毎日2キロを走り、マラソン大会で完走したというものよし(パパたちの間で流行なので多い。ひと味違う感動ネタをおり込めればベター)。自転車を補助輪なしで乗れるようになった(これは確実に多い。そこまでの過程と得たものを印象深く伝えるには、要文章力)、毎日1枚ずつ絵と文字を書いて自分で絵本を作った(絵本の内容が重要)、などなど。

このへんで例を出すのは止めておきます。そのほうが親切でしょうから。

いずれにせよ大切なのは、
好奇心・思いやり・努力(根性、継続)・達成(克服)といった
キーワードのそれぞれに対して、
ちょっと素敵な子供とご家庭かもしれない、と感じさせるエピソードを用意しておくことです。

子供に苦を感じるさせることなく、
楽しみながら体験・実践・考えさせる環境をいかに用意するか…。
それも親力、家庭力。しばし頭をひねってみてください(笑)。

ランキング参加しています!にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験へ
にほんブログ村
posted by 小学生ママ at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ママの宿題

2009年06月02日

お受験幼稚園で、9月に眼鏡ちゃんが増える理由

幼稚園の送迎をしていると、1年に1度あるとき突然、
眼鏡の子が増えた気がすることがあります。 
それは気がしただけではなく、事実増えているんです。

どうってことがない単純な話なのですが、
お受験幼稚園の年長さんはほぼ全員、受験の出願書類を準備する
ために、夏休み中の8月か9月頭に健康診断を受けに行きます。
そこで初めて発覚しちゃうんですよ、
視力に問題ありということが!
で、夏休み明けに眼鏡の子供が増えているというわけ。

視力が悪くなってしまうのは、おそらく遺伝でしょうから仕方がないのですが、
問題なのは、というかママが大後悔しているのは、
幼児教室で幼稚園で、ホワイトボードに書いていることや、
教室の前でやっていたことが見えていたのかしら? 
見えていないのに、それもわからないまま座っていたわけ??? 
信じられな〜い!!
 といったコトです…。

本人は、よく見える状態というものを知らないわけですから、
ぼけていようがホワイトボードの絵が見えなかろうが、
そういうものだと思っています。
なので、自分から眼鏡をかけたいというわけがありません。
前でやっていることがイマイチ見えづらいともいわないでしょう。

というわけで、ママにまたまた宿題です。

わざわざ眼科には連れて行く必要はありません。
小児科にいったときに、ついでに視力を測ってもらいましょう
とはいえインフルエンザなどが流行っているようなら、
眼科のほうがリスクは少ないかな。
1.0以上あれば安心できますし、見えていないなら先生と相談のうえ、
早めに眼鏡をかけさせておいたほうがいいですよね。
本格的なお稽古が始まる新年長(年中の11月)になる前に、
確認しておくことをおすすめします


すでに年長さんの方も、怪しいかもと思ったらぜひ。
夏休みの講習を、余すことなくものにするために!

ランキング参加しています!にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験へ
にほんブログ村
posted by 小学生ママ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ママの宿題