2009年06月17日

家族写真、ママの顔は完璧ですか?

いくつかの学校では、家族写真が必要になりますね。
すでに写真館を予約している方も多いと思います。

写真を撮るのはまだ先のことですが、
いま、チェックしておきたいことがあります。

なにかというと、ママの顔です。

自分のことは疎かになりがちな昨今、
メイクした状態で、鏡でしっかり顔をチェックしてみましょう。

疲れているように見えませんか?
神経質そうに見えませんか?
意地悪そうに見えませんか?
なんとなく間抜け(頭が弱そう)な印象には見えませんか?

もし気になるようなら、今のうちに眉サロンに行ってみることをおすすめします。
眉で顔の印象はがらりと変わります。
そうそう、垢抜けないのは、気にする必要はありませんよ(笑)
せっかくの記念写真と思うのなら、その限りではありませんが。

仮に気に入らない眉になってしまっても、
いまなら、家族写真を撮る頃には、またほぼ元通りに戻るでしょう。
気に入ったなら、その眉をキープするように心がけるか、
写真を撮る前に再度サロンを訪れればいいというわけ。

眉カットのサロンとしては、アナスタシアが評判です。
普段うろうろなさっているであろう百貨店にもありますから、
試してみるのもいいかもしれません。

クリックしてね!
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験へ
にほんブログ村
posted by 小学生ママ at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 見逃せません

2009年06月13日

いま年中の人は、始動の時期到来です!

既に幼児教室に通っている方には関係のない話なのですが、
そろそろ11月からの新年度に向けて、
問い合わせの時期になりましたね。

6月だとまだ早いような気がしていたのですが、
こぐま会では、体験授業が始まっています。
ホームページに案内がありますね。

ジャックでは「有名私立小学校合格の秘訣」なる
無料セミナーの案内がでています。
こちらは無料です。

気になる幼児教室があるならば、問い合せをしてみましょう。
早すぎて損をすることはなにもありませんから。

はっきり言って、幼児教室選びはかなり重要です。
そのへんの話はお受験ママ★カフェのサイトに
幼児教室選びの秘訣としてまとめてあります。
まだあたりをつけていないというママは、
一読なさることをおすすめします。

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験へ
にほんブログ村
クリックお願いします!
posted by 小学生ママ at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 見逃せません

2009年06月12日

お受験ママは、幼稚舎がお好み?

このブログの姉妹サイト、お受験ママ★カフェでの話です。
100ページを超えるサイトなのですが、
管理者はアクセスランキングを
見ることができます。いわば人気ランキングなわけですが、
子どもの性別は女の子のほうが多いようです。

そんななか、「志望校別」でNo.1なのは、
やはり慶應義塾幼稚舎です。

入ってしまえば、大学までほぼ安泰ですからね。
よほどでなければ、途中で放校なんてことはありませんし。
こちらは小学校時の同級生…舎内結婚も少なくない、
なんてこともあるのかもしれません(笑)

ちなみにアクセス数は、
雙葉白百合青学立教女学院聖心と続きます。

このなかでは雙葉、白百合を除けば、
小学生時代はのんびり過ごせると考えているママも
少なくないようですが、
実態は のんびり、とはちょっと違います。
中学受験の勉強をさせないで済むだけで、
多くの子供は低学年から高学年まで大忙しです。

なんといってもママがやらせ好き&通わせ好きですから。
お稽古や塾に通わせる費用にも
事欠かないご家庭がほとんどですし。
女子の場合、音楽(ピアノかヴァイオリン)+水泳+
運動系(バレエかテニス、ゴルフなど)の3つがデフォルト。
そこに公文や英語、お勉強塾、家庭教師、
理科実験教室などがご家庭により加わっていたりします。
男子の場合は、サッカー率も高いですね。

高学年になるとお勉強塾系は多くなりますよ。

大学で外部を受けるつもりならもちろんのこと、
中学から偏差値60を超える子どもが入ってくるのが
わかっていますから、ある程度は準備しておかないと、
その後の成績が低迷→大学の学部が
選べなくなっちゃいますから。
また、慶應、雙葉を除けば、
中学受験をする子どもも例年いますしね。

慶應が一番人気ということの裏には、
女子の場合、死に物狂いで準備して
中学受験→国立や医学部にいってもらう
必要はないと考えるご家庭が多いからでしょう。
お稽古で大忙しなのと中受の勉強で忙しいのとでは、
身につくものの種類が違います。

そうそう、ママが大学生だった頃は、
慶應大学よりも早稲田のほうが総じて難易度が高かったり
したかもしれませんが、今は私学では慶應のひとり勝ちです。

ただ、女子の慶應コネなし合格は、
まさに宝くじに当たるようなもの。
実質的な第一志望をほかに考え、
そちらの準備をしっかりしておくことをおすすめします


男子は女子と比べれば、ご縁がある確率は跳ね上がります。
併願できるといいですね。

ランキング参加中
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験へ
にほんブログ村
ブログランキング
クリックお願いします!

posted by 小学生ママ at 10:11| Comment(0) | TrackBack(2) | 見逃せません

2009年06月11日

学校説明会に受験生連れOKの学校は?

来年の人向けの話題ですが、
2009年時点で受験生連れOKの学校は、
ここを見ている方に関心が高いと思われる学校では2校です。
どこかというと、早実成城学園
(受験生がOKなだけで、下の子は当然ダメですよ!)

早実は例年だと、説明会時に子供に向けた問いかけがありますね。
こちらに強い幼児教室では、可能な限り連れて行きましょう と指導があります。
ただ実際は、多くの子供は土曜日だとお稽古が…、
ということもあり、連れて行ったご家庭はたぶん第一志望なのでしょう。
成城学園は説明会会場には入れませんが、
通常は低学年の授業が行われている教室で、楽しく過ごさせていただけます。

第一志望であるならば、子供のモチベーションを高めるためにも、
ぜひ連れて行きたいものです。

他の学校は、どこも子連れ(下の子を含む)はNGです。

とはいえ、方針が変わる可能性はゼロではありません。
2010年以降に説明会に伺う予定の方は、事前にHPで
受験生連れ不可と明記されていないか、確認するようにしてくださいね。

ランキング参加中 1日1回クリックしてね。
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験へ
にほんブログ村
ブログランキング
posted by 小学生ママ at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 見逃せません

2009年06月08日

コネなし合格。入ってからの覚悟はできていますか?

難関・名門校とひと括りにしていますが、入ってからのママ的環境は学校によって大きく異なります。代々組みの方は、もともとご縁がある学校なら、問題なく学校生活を送っていけるでしょう。ただフリーで入るとなると、そのご家庭によっては、微妙なストレスが付きまといます。

昔なら、父親の職業と住所が記載された名簿が配られたものですが、今は個人情報保護法の関係で、そのようなツカエル資料はいただけません。学校に入ってから、少しずつ情報収集することになります。仲良くなった子供の友達の家庭環境が、なかなかわかりづらくなっています。

こちらが何度家に招いても、お呼ばれのお声はかからなかったりします。なぜ?と聞けば、子供情報によれば「狭いマンションだから、人は呼べないんだって…」。
いろいろなレベルの家庭が小学校受験をするようになった今、難関・名門校といえども、環境的に似ているご家庭を探すのは、はっきり言ってひと苦労です。
学校に入って最初のうちは、家庭環境など気にせずに誘い誘われたりするわけですが、GWや夏休みをどう過ごしたか、習い事の頻度と種類、休みの日にお会いした時の子供とママの服装等々から、いろいろなことがわかり始めます。というか、最初はママ間で探り合い活動が、水面下で活発に行われます

家庭のレベルに合わない学校へ潜り込んでしまうと、数年は親子で苦労する確率は高いです。子供がたまたま仲良くなった子が、数少ない似たレベルの家庭である率は著しく低いですから。

祖父母のステイタスを含む背景に、これといったわかりやすいものがないに等しいタイプの普通のサラリーマンや小規模自営業の家庭の場合、慶應・学習院・青山・成城・東洋英和あたりに入ってしまうと微妙です。中学年以上になり、休みの日もママが関与せずに子供同士で遊べるようになるまでは、肩身が狭い思いをすることもあるかもしれません。

フリー枠がそれなりの数確保されているといわれる暁星・立教女学院・白百合・立教・女学館・聖心に関しては、良くも悪くも今や庶民がゴロゴロ、という意見が大半です(統計を取ったわけではないので、雰囲気、として受け止めてください)。

こういった話をすると、慶應・学習院・青山・成城・東洋英和あたりのフツウの保護者から、別にたいへんなことはない、嘘を書くな!といった意見を頂戴してしまうかもしれません。確かに、必要以上は関わらないと決めてしまえば、なくても構わない情報は入ってきませんね(誰もわざわざ教えてくれない)。そういう楽な過ごし方もあるにはあります。

いずれにせよ、親戚一同にその学校や同レベルの学校の卒業生が皆無というご家庭のママは覚悟が必要です。
低学年のお友達作りは、子供ではなくママ主導ですから。
入学してから、子供が誰にも誘われないのは私のせい??と病んでしまうママもめずらしくありません。似た環境のご家庭が少ないかもしれない学校を目指すなら、ママも図太くなりましょう。繊細すぎると苦労します。

ランキング参加しています!にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験へ
にほんブログ村
posted by 小学生ママ at 09:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 見逃せません

2009年05月25日

お受験ママ★カフェ オープン!

いよいよ学校説明会の季節ですね。
ようやく お受験ママ★カフェのサイトがプレオープン致しました!
この業界に何らかの形で関わってきた人たちが
趣味でつくったサイトです。
他にはない濃い情報満載ですので、ぜひ一度のぞいてみてください。
http://www.ojukenmama.com
posted by 小学生ママ at 13:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 見逃せません