2009年06月19日

お受験前ですが一応。公立小学校選択の基礎知識

年長さんは自治体から、進学希望の公立小学校の
お伺い書類が送られる季節となりました。
何が何でも私立と考える家庭は、
近隣の学校をきちんと調べていない人がほとんどでは。

公立小学校選びのポイントをお伝えしましょう。

●単学級でないかどうか
ひとクラスしかないと、クラス替えのしようがありません。
問題がある子がその学年にいると、
学級崩壊の可能性が高まります。
学級崩壊になってしまったら、ママが交代で毎日教室に
はりつく…なんてことになってしまうかも。
この場合の主要任務は、教室からの子供の脱走阻止と
脱走した子供を連れ戻すことだったりします……。
当然ですが単学級だと、
そういった子供と6年間一緒に過ごすしかありません。
クラスが複数あれば、次の機会には
問題なく学校生活が送れるようになる希望がもてます。

●支援学級があるかどうか
これがあるなら、ないよりは安心です。
学区内の幼稚園にそういった性質の子供がいる場合、
単学級の学校だと、もれなく同じクラスになることになります。

●通学経路に問題がないかどうか
微妙な場所の学校への進学を希望すると、
結局ママが朝夕に送迎することになってしまいます。
変質者情報が、ちょくちょく携帯メールに配信されてきますので、つい…。

●受験塾に通いやすいかどうか
こちらを見ていらっしゃるご家庭の子供が
公立小学校へ通うことになった場合、おそらく中学受験は
マストでしょう。家と学校と受験塾の
位置関係も意識しておきたいものです。

●お友達ママの評価はどうか
あとは幼稚園か習い事でご一緒の最初から中受する予定の
教育熱心なママがいれば、どこに希望を出すのか、
理由と共に教えていただきましょう。
そういったママは、開催された学校見学(あるんです!)に
きちんと参加していらっしゃる可能性が高いです。
またご兄弟が公立にいらっしゃるママはあたりまえに
情報通です。上の子と違う学校に希望を出すという場合は、
その理由をよくよく伺っておきたいものです。

といった情報を総合して判断し、希望を出しましょう。

学区の小学校と学区外の小学校で迷った場合は、
とりあえず学区外の小学校を第一希望として出しておきましょう。
当然ですが、もともとの学区の小学校へはいつでも変更可能です。

学区外の学校に希望を出す場合、
通学時間は片道30分以内が目安です。高学年になると時間的にも体力的にも、
通学時間は短いにこしたことがないと思うでしょうから。

第一希望の学校の抽選結果が補欠でも、国立の結果が出揃う
12月くらいには繰り上がる ことが少なくありません。

23区内の公立小学校はどこも(たぶん)、同じ区内の学校であれば、空きさえあればいつでも転校が可能です。

年長未満のお子さんがいらっしゃる方へ。
一部の地区では、子供が学校に入って初めて周辺環境が切実にわかり、損をしてでも異なる区、市に引っ越す家庭も稀ではありません
住宅は買い時ではありますが、どうぞ慎重に。

最近の中学受験が盛んな地区の公立小学校は、
中学年以降の主要科目は習熟度別クラスになっていたりします。また中受の準備に邪魔となる余計な宿題や行事もありません。いじめへの対応も早く、私立よりもよほどキメ細かい場合も少なくありません。

まさかの場合の公立の健康診断は、11月に私立の結果が出揃った後でコト足ります。忙しい時期にわざわざ行かなくても問題ありません

いつもありがとう。
クリックしてね!
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験へ
にほんブログ村
posted by 小学生ママ at 09:08| Comment(6) | TrackBack(0) | 見逃せません